賃貸を選択するときには収納に注目するべき

賃貸と収納スペースについて

賃貸を探す時に、注意しておきたい部分のひとつが収納スペースだと思います。特に、新築の賃貸は、デザインが洗練されている分、程度はあれ、無駄にスペースを使っているところもあるため、押し入れのスペースを犠牲にしているケースが結構あります。そのため、実際に引越しをしてみると、押し入れにモノが入らず難儀することが多いです。例えば、現在の私の家は、どうも寝る事をベットにする事を前提としているのか、布団の収納に結構困ります。このあたりは引越しする時にあまり検討に入れていなかったので、あとで後悔をしている部分です。もう一点注意しておきたいのが、耐荷重です。通常押し入れは、荷物を置くための段が2段から3段準備されています。そこに色々モノを置くわけですが、その際に耐荷重が低いと重いものはあまり置けませんので、結局のところ、モノの置き場に結構困ったりします。ちなみに、私は、昔住んでいた築10年位(2000年築)の賃貸で、これを無視して、なんでもかんでも上の段にモノを置いていたのですが、ある日、荷重に耐えられず仕切り床が抜けて落ちてきた事があります。流石にここまでくる事は無いとは思いますが、皆さんも十分注意して欲しい部分です。

さて、これが私の思う賃貸における収納での注意事項です。それ以外にも、賃貸を探す上では、注意しなくてはならないことは沢山あります。これらは、またの機会に、私の経験を交えながら話をしていきたいと思います。

このページもチェック!

Copyright (C)2017賃貸を選択するときには収納に注目するべき.All rights reserved.